スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏服 


[読み]なつふく [傍題]白服、麻服



季語にもこってりとしたものもあればあっさりとしたものもある。
夏服って言葉は句の中にささっと入れても目立たないし、
それでいて十分に夏な感じを漂わせてくれるのでとても便利な季語です。

夏服と聞くと、まずは中学の頃を思い出します。
女生徒の背中、夏服にうっすらと透けてるそれは
見てもいいやつですかダメなやつですか?嗚呼!嗚呼!

…などと、邪なことを思ってしまうので、
もし子供の夏服だったり、大人の夏服だったりする場合は
それとなく夏服を着ている人のヒントを句の中に入れておいてください。


[文:おにかます]


[作例:夏服に収まりきらぬ無邪気かな  おにかます]


スポンサーサイト

[ 2011/08/26 02:32 ] 夏の季語 | トラックバック(-) | CM(0)

熱帯夜 


[読み]ねったいや 



【 この季語の特徴 】
最低気温が摂氏25度以上の夜。20度以上の夜を真夏夜という。
近年、増加傾向。特に大都市ではヒートアイランド現象の影響で顕著。・・いっ
ちょ汐留あたり破壊してくるか・・。

【 作句のポイント 】
ザイエローモンキーのファンだったのですが、彼らに嵌るきっかけが「熱帯夜」
という曲(とそのPV)でした。
なので私は、熱帯夜というと、ジュワイオクチュールマキのCM曲っぽい・・安
っぽいお/水っぽい洗/練されてない/澱んでいる/色々と剥き出しな感じ、が、想
起される。

あえて冷たさを対比させる・・とかそんな余地あるのかあの暑さ。



不快が高じてある一線を超えちゃって快感に・・はならないですね、熱帯夜。



[文:苦椒醤]


[作例:とけてahひっついてoh熱帯夜  苦椒醤]




[ 2010/08/05 21:59 ] 夏の季語 | トラックバック(-) | CM(0)

××忌 


[読み]ちょめちょめ忌 [傍題] 無し



ちょめちょめ忌だ。

つまり山城新伍の忌。8月12日肺炎のため亡くなる。

「ちょめちょめ」とはなんて愛らしい言葉だろ。


真に蒙昧な季語。
まだ誰も詠んでいないし認定されてない。
みんなで作ろう××忌!

[文:虹鱒]


[作例:××忌おんなじ穴のむじなだね  虹鱒]




[ 2009/08/24 11:28 ] 夏の季語 | トラックバック(-) | CM(0)

風鈴 


[読み]ふうりん [傍題] 風鈴売



暑さ、日差しの強い季節、夏。

通り抜ける風の跡を風鈴の音が涼しく、鳴っている。


[文:歌葉]




[ 2009/08/02 14:41 ] 夏の季語 | トラックバック(-) | CM(0)

虹 


[読み]にじ [傍題] 朝虹 夕虹 二重虹


虹といったら鱒ですよね。
俳号なんです。虹鱒。

オーバーザレインボウ
きっと雨を待って
すべては雨を待ってから俳句になるのです。

【作例:めぐりあひやその虹七色七夜まで 草田男】
【作例:虹を待つそれはすなわち雨を待つ 虹鱒】

[文:虹鱒]



霧ふきをシュッシュと顔にふりかけて
ニコッと笑った顔がみたくて
自分で自分の顔にシュッシュと霧をふきかけて
大好きなあの娘を振り返ったんだけどもういなくてね。


【作例:虹立ちて八重歯おそろしお買い物 上田道草】

俳句のポイント
一番幸せなときを思い浮かべて作りましょう。

[文:道草]



虹は自然の中でも一番POP
昔の人は驚いた、あこがれた
虹はもはやSFだった
しかも現れるタイミングがかっこいい。
雨上がりなのだ。

気軽に手出しをしたくない季語だから
気軽に手を出しましょう。

【作例:虹色や分かったサルが立ち上がる 真田虫】

思い入れ
口が開かない人はいないということ。

[文:真田虫]



[ 2009/06/22 02:05 ] 夏の季語 | トラックバック(-) | CM(1)
プロフィール

おにかます

Author:おにかます
我々、蒙昧の会と申します。初心者が初心者同士で集って毎月句会をやっております。俳句は敷居が高い部分もあると思うので、この歳時記のように親しみやすいものなのだと伝えられれば幸いです。

傍題などは市販の歳時記を参考にしていますが、あくまで蒙昧の会の主観が存分に含まれております。わたしどもが季語だと思ったらそれは季語だというスタンスです。かっちりしたものではないので、ご了承下さい。

投稿フォーム
項目説明
季節
季語は各々タイムリーな時期がある。それをざっくり目安として表示しております。

↑こんなやつ。
ちなみに春は二月四日から。夏は五月五日あたりから。秋は八月七日から。冬は十一月七日あたりから。

傍題
たいてい季語は幾つか別の名前も持っている。それを傍題としている。傍題が多すぎて載せられない羨ましい季語もある。

作例
蒙昧の会という俳句の会で詠んだ句を作例として掲載しております。あくまで例ですよ。


難易度
その季語で俳句を作りやすいかどうかのざっくりした度合い。
ここがDだと、相当簡単ってことになる。

季節感
その季語がどれだけ季節感を持っているかの度合い。季節を感じづらい昨今、大事にしていきたい感覚ですな。

知名度
俳句界で有名かどうかじゃなくて、一般的に知られているかという度合い。

月並み度
俳句にありがちな季語かどうかという度合い。

語感
耳心地の良ささ、聞き応えあるかの度合い。

見た目
季語の指す実物ではなく、文字・漢字の視覚的なインパクト及び風情の度合い。
検索フォーム
ブックマーク


全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。