スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

春待つ 


[読み]はるまつ [傍題]春を待つ、待春



春を待っている、ということは、まだ春ではないので、冬の季語なんだそうです

冬は寒くてつらいけれども、冬になったばかりの頃から春を待っているというの
はあんまりよろしくないと思う。
冬にもいろいろ楽しい事はあるので、鍋だのおでんだの餅つきだの福笑いだの雪
合戦だのをしているうちにきっと時は流れます。
そしてある頃、朝起きて布団から出る時などに、あれ?なんだか今日はそれほど
つらくないな、と感じたり、外に出てみても肌に刺さるような風は吹いていなく
て、空気がなんだかぬるいと感じたりした時、ああこれこれ、春ってこんなだっ
たな、と思い出すのです。毎年。
思い出してみると急に待ち遠しくなるね。春。

[文:新葵]


[作例:陽瞬く春待つ川の底深く  新葵]



スポンサーサイト

[ 2010/01/31 23:47 ] 冬の季語 | トラックバック(-) | CM(0)

柚子湯 


[読み]ゆずゆ [傍題]柚子風呂、冬至湯



柚子は柑橘界のなかでもとてもおしゃれな存在。
スパイスとして料理に使ったり、ママレードにしたり、お菓子に入れたり、乙女
のお化粧品になったり、アロマになったり。レモンあたりが、嫉妬しているとお
もう。

だって、お風呂にもいれちゃうんだもの。
冬至の日は、柚子湯にはいろう!

ぽこぽこと柚子が浮かんだ浴槽につかり、ふえ~と全身脱力。潜ってあそんだり
、お風呂の時間が楽しくなりますよ!
出た後もぽーっとほえ~としばらくは柚子のようになります。

新陳代謝を高め、疲労回復に効果があるらしい。
そんなことはさておき、柚子の香りに包まれる浴室は天国。
ちょっと食べるには不細工な柚子は、お風呂に入れちゃいましょう。バブもいい
けど、かなわないよ柚子には!!

[文:翠柑]


[作例:不細工な脳天ぷかり柚子湯かな  翠柑]




[ 2009/12/24 02:51 ] 冬の季語 | トラックバック(-) | CM(0)

冬空 


[読み]ふゆぞら



春、夏、秋、冬、いつでも空はある。

空を思い浮かべることができれば季語になってる、ということだ。

もしも空を思い浮かべることができないとしたら、それは不幸なこと。

そんなときは、空を見に外へ出よう。
これはとても正しい答えだと思う。

空を見よう!

[文:虹鱒]


[作例:冬空の角欲しくなる丸眼鏡  虹鱒]




[ 2009/12/22 01:19 ] 冬の季語 | トラックバック(-) | CM(0)

火鉢 


[読み]ひばち [傍題] 火桶 手焙 手炉


見ないよな、火鉢。
使わないよな、火鉢。
知らないかもな、火鉢。

しかし、火鉢とはなんだか文学のかほりがするのです。
純文学。
あ。
見ないよな、純文学。
知らないよな、純文学。。。

絶滅危惧種になるのかもしれません。火鉢も、純文学も。
せめて、俳句で救ってあげて!
あ。
俳句も絶滅危惧種入りか!?

[文:虹鱒]

【作例:だんまりに火鉢小さく挟みおり 虹鱒】



[ 2009/02/08 00:06 ] 冬の季語 | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

おにかます

Author:おにかます
我々、蒙昧の会と申します。初心者が初心者同士で集って毎月句会をやっております。俳句は敷居が高い部分もあると思うので、この歳時記のように親しみやすいものなのだと伝えられれば幸いです。

傍題などは市販の歳時記を参考にしていますが、あくまで蒙昧の会の主観が存分に含まれております。わたしどもが季語だと思ったらそれは季語だというスタンスです。かっちりしたものではないので、ご了承下さい。

投稿フォーム
項目説明
季節
季語は各々タイムリーな時期がある。それをざっくり目安として表示しております。

↑こんなやつ。
ちなみに春は二月四日から。夏は五月五日あたりから。秋は八月七日から。冬は十一月七日あたりから。

傍題
たいてい季語は幾つか別の名前も持っている。それを傍題としている。傍題が多すぎて載せられない羨ましい季語もある。

作例
蒙昧の会という俳句の会で詠んだ句を作例として掲載しております。あくまで例ですよ。


難易度
その季語で俳句を作りやすいかどうかのざっくりした度合い。
ここがDだと、相当簡単ってことになる。

季節感
その季語がどれだけ季節感を持っているかの度合い。季節を感じづらい昨今、大事にしていきたい感覚ですな。

知名度
俳句界で有名かどうかじゃなくて、一般的に知られているかという度合い。

月並み度
俳句にありがちな季語かどうかという度合い。

語感
耳心地の良ささ、聞き応えあるかの度合い。

見た目
季語の指す実物ではなく、文字・漢字の視覚的なインパクト及び風情の度合い。
検索フォーム
ブックマーク


全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。