スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

色なき風 


[読み]いろなきかぜ [傍題] 



風に色などない。されど、色なき風とされたとき、物寂しくなるのは不思議なも
んだ。しかも、どうやらここに、秋をイメージしてしまう。冬にしては弱い。
中国の秋は白色(無色)を配するそうで、その印象がこの言葉になったそうだ。


昔の例句を見ると強めの色と織り交ぜて使っていたようだ。それによって視覚的
に風を浮き立たせているように思う。
今回の作句からいえば、あくまで個人的に吹く風。街中や商店街にある人々がふ
と気づく秋風。あまり、自己主張しないとこに勝手に好感を感じてみた。


人柄ならぬ風柄を考えた奴は偉いもんだ。こういうイメージの積み重ねが新しい
季語を生むのかもしれない。


[文:常盤]


【作例:露店の娘色なき風にもたれおり  常盤】



スポンサーサイト

[ 2008/10/17 00:21 ] 秋の季語 | トラックバック(-) | CM(1)
私はこのような透明の風を感じるというよりも思い出します。それは無味無臭のはずなのに何故かレインボー色で、しかも音符が舞っているのです。音はしないのに。

過去作特選句
捕われの犀に色なき風聞こゆ

新作
金融ショック色なき風と米つぶと
[ 2008/10/17 01:23 ] 道草 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

おにかます

Author:おにかます
我々、蒙昧の会と申します。初心者が初心者同士で集って毎月句会をやっております。俳句は敷居が高い部分もあると思うので、この歳時記のように親しみやすいものなのだと伝えられれば幸いです。

傍題などは市販の歳時記を参考にしていますが、あくまで蒙昧の会の主観が存分に含まれております。わたしどもが季語だと思ったらそれは季語だというスタンスです。かっちりしたものではないので、ご了承下さい。

投稿フォーム
項目説明
季節
季語は各々タイムリーな時期がある。それをざっくり目安として表示しております。

↑こんなやつ。
ちなみに春は二月四日から。夏は五月五日あたりから。秋は八月七日から。冬は十一月七日あたりから。

傍題
たいてい季語は幾つか別の名前も持っている。それを傍題としている。傍題が多すぎて載せられない羨ましい季語もある。

作例
蒙昧の会という俳句の会で詠んだ句を作例として掲載しております。あくまで例ですよ。


難易度
その季語で俳句を作りやすいかどうかのざっくりした度合い。
ここがDだと、相当簡単ってことになる。

季節感
その季語がどれだけ季節感を持っているかの度合い。季節を感じづらい昨今、大事にしていきたい感覚ですな。

知名度
俳句界で有名かどうかじゃなくて、一般的に知られているかという度合い。

月並み度
俳句にありがちな季語かどうかという度合い。

語感
耳心地の良ささ、聞き応えあるかの度合い。

見た目
季語の指す実物ではなく、文字・漢字の視覚的なインパクト及び風情の度合い。
検索フォーム
ブックマーク


全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。